サンラサーのこと

cropped-sanrasalogo.jpg

サンラサーにメニューブックはありません。

定番がないわけではありませんが、それでも日々調整が続き、完全に同じものにはならないのです。きのうと同じ料理でも日々の天候や寒暖、お客様のご様子で微調整を入れてゆくことがしばしばあるからです。

古来、食事はおかあさんが家族の健康や安全に心を尽くして作ってきました。寒い日には体を温める食材を使い、人のからだにとって自然で素直な季節のおいしいものを取り入れる。そんな当たり前を意識しての料理作りが日々、続きます。

アーユルヴェーダや漢方と呼ばれるものは、実は世界中のお母さんが毎日やっていることにつながっています。いらっしゃるお客様の心と体を理解して作る料理が一番良いもので、一番ご提供したいものだと考えています。みなさんのお母さんにはかないませんが、皆さんのお母さんの作るごはんにスパイス料理というアプローチで近づきたいと思っています。

こころとからだに優しいゴハン。それがサンラサー の目指すところです。

店名の由来  インドのサンスクリット語で「サン(集まる)」「ラサ(味)」からきています。「自分の身体を構成する、いちばん大事なところ」という意味、そして「いろいろな人がこの場所に集まって、そのご縁を繋ぎたい」という気持ちを込めました。

東新宿 サンラサー

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Mariko Lila(マリコリーラー)
スパイス料理研究家。東新宿サンラサー店主。キッチンスタジオペイズリー講師。
中学時代にオレンジページに載っていたチキンカレーに魅せられ、dancyuに載っていた南インドのミールス特集をきっかけに、インド料理の世界へ足を踏み入れる。キッチンスタジオペイズリー 香取薫氏に師事、インストラクターコース修了。現在、同教室の講師も務める。

取材依頼、各種イベント出店、ケータリング、料理教室、講演、メニュー監修等のお問い合わせは、メディアのお問い合わせからご連絡下さいますようお願いいたします。